忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕のラジコンのスペック詳細です!

P1030789.JPGボディーは「エアロアールシー」のR34を加工して取り付けてあります。
シャシー側にボディーマウントをプラパイプで設け、ボディーに目見当で穴を開けボディーポストを作りプラ棒で固定しています。
フロント固定部分はシャシー側の受け穴に、ボディーにプラ版を貼った突起を差し込んでいます。
この工程自体はそんなに難しくは無かったのですが、綺麗にボディーを塗装するのが大変でした。結局、色ムラがかなり出来てしまいました・・・


P1030792.JPGフロントのサスペンションはチョット短くしたスプリングをワッシャー2枚で挟み込んでいます。
画像では分かりにくいかもしれませんが、左が無加工、右が加工後です。
しかし、ボディーのフェンダーに干渉してしまい、思うような効果は現れません。
干渉しないように車高を上げると見た目があまりにも・・・(ルックス重視です)
ちなみにリアサスペンションは純正のハードに変えただけです。
前後のサスペンションは更に改善の余地ありです。


P1030791.JPGカスタマックスは、かなり後ろに重心があり、ドリフト状態を維持(飛距離を伸ばす)するのが難しいので、フロントにウェイトを載せてみました。
3gを2枚並べて、左右フロントサスペンションの間にテープで固定しました。
ウェイトの量はもう少し煮詰めて良いバランスを探してみたいです。

前後のデフは固定しました。固定したデフ自体に若干の遊びがありますが、ほんのわずかなタイムラグが逆に操作しやすいと思います。

P1030793.JPGモーターユニットのロール軸を挟み込む部分は、横ロールしない様に2mmほどのビスを左右の端に2本のせて(遊びを無くし)上からカバーをつけました。
この加工をするだけでも、左右の旋回誤差がかなり軽減されます。

カスタマックスは、まず購入してから一番最初に各ギア周り、デフ周り、ドッグボーン周辺のグリスを綺麗にふき取れば、それだけでも走りに違いが出ます。
(かなりグリスの量が多いです。走行に重要な場所だけに抵抗となっているはず)

P1030795.JPGモータはカスタマニア05のハイスピードモーターです。かなりの発熱量なので、ピンバイスで穴を開け放熱加工しました。本当はヒートシンクを加工して取り付けたかったのですが、ボディーと干渉するので断念しました。
モーターもバッテリーも、こんなに熱くなるとは思いませんでした・・・エアロアールシーで遊んでいた頃は気にした事もありませんでした。
色々なモーター(トルクチューン・ハイパーダッシュ・爆チューン等)はあるのですが、結局コレに落ち着きました。


P1030800.JPG現在使用中のプロポです。そうです!エアロアールシーのヤツです!
シャシー側の基板にJ1という抵抗(0Ω)を切除することで、常時ターボONになるので、カスタマックス用プロポは使っていません。
個人的な意見ですが、どうもあの形(中国製のインチキゲーム機のコントローラーみたい)が気になって・・・たしかにボタンのクリック感は良好なのですが、エアロアールシープロポのチープな感じも、使い慣れている感じも、なかなか捨てきれずに、いまだに使っています。
アンテナはさすがに酷いのでカスタマックスプロポのアンテナを取り付けました。

今更、カスタマックスを改造する人はいないと思いますが、もし改造する過程で分からないことがあれば、僕の知ってる範囲でお答えいたしますのでコメントください。

※改造は自己責任でお願いいたします。
PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[19]  [18]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
SEARCH
COMMENT
無題
[07/06 zawaasi]
はじめまして!!
[07/05 Takapoon]
無題
[07/05 zawaasi]
無題
[07/05 unknown]
テープ・・・
[07/03 Takapoon]
無題
[06/29 unknown]
PROFILE
NAME: Takapoon
BIRTHDAY: 1974/04/27
CALENDAR
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31





 
Copyright © Takapoon All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]